OpenVBX を 10分で構築しよう!実践編

概要

引続きOpenVBXのインストールをおこいます。

改めてTwilioのアカウント(無料版可)と Windows Azure Websiteのアカウントを既に取得されていることをご確認下さい。

今回行なうこと

以下の順番でインストール作業を行います。

  1. Windows Azure Websites(無料版) でサイトを作る
  2. Azure Market Place で ClearDBを契約する
  3. OpenVBXの全般設定
  4. Twilio Client Application SID の用意 (ウェブブラウザを利用した通話用)
  5. 受信用のアプリケーション(IVR)を作成しよう
  6. ウェブブラウザを利用した発信を試そう

Windows Azure Websites(無料版) でサイトを作る

Azure Market Place で ClearDBを契約する

OpenVBXの全般設定

Twilio Client Application SID の用意 (ウェブブラウザを利用した通話用)

受信用のアプリケーション(IVR)を作成しよう

ウェブブラウザを利用した発信を試そう

この記事をシェア

すべての記事へ

Other

【法人のお客様向け】取引時確認情報の登録方法について

Other

【個人のお客様向け】取引時確認情報の登録方法について

Other

TRUSTDOCKアプリを用いた個人認証の方法

Other

【法人のお客様向け】API経由でBundleSidを登録する

Other

【法人のお客様向け】TwilioでBundles(本人認証)の設定を行う

Other

【個人のお客様向け】TwilioでBundles(本人認証)の設定を行う