OpenVBX を 10分で構築しよう!第3回 OpenVBXの初期設定をしよう

前回まででインフラ部分が完成しましたので、今回はOpenVBXの初期設定を行います。

 

前回作ったウェブサイトにアクセスすると下記ような画面が表示されます。「Next」ボタンが押せることが確認できれば大丈夫です。次に進みます。

007.PNG

 

ClearDBの情報を入力します。

008.PNG

 

TwilioのAccountSID・AuthTokenを入力します。
「Twilioサイト > ログイン > 製品 > プログラマブルVoice > ダッシュボード APIクレデンシャルを表示する」 をご覧ください。

009.PNG

 

各種 通知が飛ぶアドミン用のメールアドレスの入力をします。

011.PNG

 

ユーザーを最低1人最初に作る必要がありますので、必要事項を入力します。

012.PNG

 

設定は完了です!!

013.PNG

 

ログインの画面が表示されました

014.PNG

次回は 実際のOpenVBXの設定を行います。
お楽しみに!!

この記事をシェア

すべての記事へ

Other

API経由でBundleSidを登録する(法人編)

Other

TwilioでBundles(本人認証)の設定を行う(法人編)

Other

TwilioでBundles(本人認証)の設定を行う(個人編)

Other

API経由でBundle SIDを登録する(個人編)

Other

Twilio上で電話番号に住所を登録する方法

Other

SCA2017応募締切まであと6日!ご応募まだの方はお急ぎください!