【個人のお客様向け】API経由でBundle SIDを登録する

はじめに

みなさん、こんにちは。
KDDIウェブコミュニケーションズのTwilio事業部エバンジェリストの高橋です。

 
Twilio側の仕様変更に伴い従来のアイデンティティがBundlesに変わりました。また、この変更に併せてドキュメントのアップロードを始めとしたAPIも公開されています。

APIドキュメント

 

ただし、こちらのAPIはまだSDKに反映されておらず、Curlのみサンプルが掲載されている状態です。そこで今回は、Node.jsを使ったプログラムを使って、BundleSidを登録するサンプルを紹介します。

 

このプログラムは、Twilio(KWCアカウント)におけるBundleSidの登録を自動化するものです。
以下の条件でのみ動作します。
 

  • 個人での申請(法人申請には対応していません)

  • 運転免許証による書類提出(免許証以外には対応していません)

  • Node.js(バージョン8以降)がインストールされていること

準備

まずは運転免許証のコピーをJPEG形式で準備してください(サイズは5MB以内)。
スマホのカメラで撮影したものでも大丈夫ですが、免許証のみが写るように周りの画像は削除してください。

インストール

適当なフォルダに移動し、リポジトリを取得します。gitが使えない方は、こちらのZIPファイルをダウンロードしてから解凍してください。

$ git clone https://github.com/twilioforkwc/create-bundle.git
$ cd create-bundle
$ npm install
$ mv .env.example .env

運転免許証の画像ファイルを、imagesフォルダにコピーしてください。
.envファイルをエディタで開き、以下の項目をすべてご自分の内容に置き換えます。

項目名 内容
ACCOUNT_SID TwilioアカウントのAccountSid(ACから始まる文字列)
AUTH_TOKEN AccountSidに対応するAuthToken
EMAIL ご自分のメールアドレス(審査結果が通知されます)
BIRTH_DATE ご自分の誕生日をYYYY-MM-DD形式で
FIRST_NAME 名前(名)を免許証に記載されている通りに
LAST_NAME 名前(姓)を免許証に記載されている通りに
IMAGE_FILE_NAME 免許証の画像ファイル名
STREET 住所(町丁目と建物名)を免許証に記載されている通りに
CITY 住所(市区町村)を免許証に記載されている通りに
REGION 住所(都道府県)を免許証に記載されている通りに
POSTAL_CODE 郵便番号をハイフンなしで
ISO_COUNTRY 日本の場合はJPのままで

プログラムの実行

$ node createBundle.js

...最初にテストコードが走って.envの内容をチェックします。
...テストがすべてPASSすると申請が始まります。

>>> AddressSid:ADf5bfb33ca656b88905c8e9827428f2ff created.
>>> BundleSid:BUf7e15df42d83dfc5697f1adb1bcef793 created.
>>> UserSid:IT9111cd08fbd6c31ae2914dd811327b09 created.
>>> DocumentSid:RDadd732e4cbb99d0034f7dea093f48df9 created.
>>> Assign completed.
>>> Submitted.

上記のようにSubmitted.が表示されれば成功です。
すぐに先程のメールアドレス宛に、「Twilio Regulatory Bundle Status Update」というタイトルのメールが届きます。
管理コンソールにログインし、電話番号 > Regulatory Complience > Bundlesを確認し、STATUSがPending Reviewになっていることを確認しましょう。
 

 
3営業日以内には審査が完了し、審査がパスするとSTATUSがTwilio Approvedになり、電話番号を購入することができるようになります。

まとめ

詳しいコードの内容は、ぜひcreateBundle.jsの中身を見ていただければと思いますが、大まかな流れは以下のようになっています。
 

  1. 住所を登録する(27行目)。

  2. Bundleリソースを作成する(41行目)。

  3. エンドユーザを作成する(64行目)。

  4. ドキュメントを作成してアップロードする(91行目)。

  5. Bundleリソースにドキュメントを紐付ける(122行目)。

  6. Bundleリソースにエンドユーザを紐付ける(137行目)。

  7. Bundleを申請する(154行目)。

住所は4.のドキュメントを作成するときに利用します。
審査のポイントは、書類に書かれた内容と申請内容が一致することなので、住所や名前などに間違いがないことを確認してからプログラムを実行してください。

この記事をシェア

すべての記事へ

Other

【法人のお客様向け】取引時確認情報の登録方法について

Other

【個人のお客様向け】取引時確認情報の登録方法について

Other

TRUSTDOCKアプリを用いた個人認証の方法

Other

【法人のお客様向け】API経由でBundleSidを登録する

Other

【法人のお客様向け】TwilioでBundles(本人認証)の設定を行う

Other

【個人のお客様向け】TwilioでBundles(本人認証)の設定を行う