ニュース

米国宛 SMS 送信の 10DLC 登録必須化について

2022.11.25

  • お知らせ

これまでは米国電話番号宛に 1 日あたり 3,000 セグメント未満の SMS/MMS を、5 番号以下の 10DLC を利用して送信していた場合は、米国のキャリアにブランドおよびユースケース(以下キャンペーン)の登録は不要でした。ガイドラインの変更により今後は登録が必要となります。米国番号から日本番号宛は影響しません。

 

10DLC とは

A2P 10DLC は、企業が 10DLC を利用して Application-to-Person(A2P)タイプのメッセージング を送信するサービスが対象となります。Twilio トラフィックはすべて A2P となります。米国キャリアにブランドやキャンペーンを申請し、登録を行うことにより、優れた配信品質を提供し、フィルタリングやブロックのリスクが軽減されます。

 

変更点

  • 10DLC で米国番号宛に SMS を送信するお客様は、番号ごとに 10DLC 登録が必要となります。

  • 期日までご登録が完了されない場合には、フィルタリングやブロックの対象になる可能性があります。

  • セグメント毎にキャリアの追加料金が発生します。


米国キャリアのフィルタやブロックを回避するため、10DLC のご登録もしくは、10DLC に該当しないトールフリーのご利用をご検討ください。

 

日時

2022 年 12 月 15 日(木・太平洋時間)までにご対応が必要です。

10DLC 登録必須化に伴い、審査に通常よりも時間がかかっております。トールフリーを利用する場合はお時間がかかる場合があります。

 

事前確認

10DLC を利用して、1 日あたり 3,000 セグメント未満の SMS を送信するお客様は、以下の通りご対応ください。

 

  • 米国の Tax ID(EIN)をお持ちのお客様

  • 米国の Tax ID(EIN)をお持ちでないお客様

    • 現在ご利用中の 10DLC を継続して利用したいお客様はご登録をお待ちください。Twilio は Tax ID をお持ちでないお客様向けの登録システムの準備を進めています。時期や最新情報は Twilio 社のガイドにてお知らせいたします。10DLC 未登録の場合にも、通常の SMS 送信料に加え、米国キャリアの追加料金がセグメント毎に発生します。

    • 米国トールフリー番号に変更いただくことで米国キャリアによるフィルタ等を回避可能です。トールフリー を利用した送信をご検討ください。

      • トールフリーのご利用も事前申請が必要です。申請は上記「トールフリーを利用した送信」の「How can I request a verification?」の「download this form」から必要書類をダウンロードし、必要事項をご記入の上、弊社までご連絡ください。

      • 登録料:不要。

      • 送信料:通常の SMS 料金に加え、米国キャリアの追加料金がセグメント毎に発生します。


※ 10DLC とトールフリーを利用する際の比較はこちらをご参照ください。


ご対応されない場合

未登録の 10DLC からの米国宛 SMS 送信は、米国キャリアによるフィルタやブロックの影響を受ける可能性があります。また、登録済みの 10DLC に比べ、高いキャリア料金が追加されます。

 

今後とも Twilio をご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

Share!!

  • お役立ち情報
  • イベント情報
  • 相談会申込
  • 導入事例