Twilioオンラインコンテスト2021

Twilio online contest

    Twilioオンラインコンテストのご紹介

    【Twilio for KWC 公式 YouTube】https://www.youtube.com/user/twilioforkwc

    2021年8月分審査動画

    Twilioを使用したサービスのアイデアを大募集!

    • Twilio(KWCのアカウント)を利用していること
    • 実際に動作する作品であること

    ※一人何点でも応募可能。過去にprotopedia上で発表された作品でも応募可能です。

    賞品

    Twilio賞

    twilio-black-bottle

    6月〜9月の間、毎月1作品に「Twilio賞」を進呈!チャンスは4回!

    Twilioロゴ入りタンブラーRevoMax2 20oz(592ml)

    ※発表は毎月5日前後を予定しています。

    グランドチャンピオン賞

    macobook-pro-mockup

    すべての応募作品の中から選出された最優秀作品には「グランドチャンピオン賞」を進呈!

    Apple M1チップ搭載 MacBook Pro

    • 13インチ
    • 16GB RAMメモリ
    • 1TB SSDストレージ

    ※発表は10月中旬ごろを予定しています。

    応募手順

    応募手順。1.Twilioを使用してサービスを開発。2.Protopediaで作品を公開。3.twilioオンラインコンテストに応募。

    1.Twilioのアカウントを作成

    Twilioのアカウントをお持ちでない方

    KDDIウェブコミュニケーションズのサイトからTwilioのアカウントを作成してください。
    コンテスト応募時にはTwilioのAccountSIDが必要になります。

    CTA_まずはtwilioを使ってみる。

    Twilioのアカウントをすでにお持ちの方

    すでにお持ちのアカウントをご利用いただけます。ただし以下の点にご注意くださいませ。

    • KDDIウェブコミュニケーションズが発行したアカウントでないと応募は無効です。
    • 応募作品用に新規プロジェクトを作成してください。
    • アップグレード済みアカウントにはポイント発行ができません。

    2.プロモコードを適用

    アカウントの作成ができたら
    katsumi.takahashi@kddi-web.com
    を管理者として招待してください。

    こちらで5,000円分のポイントを付与し、アカウントをアップグレードします。
    (新規登録者のみ)

    3.開発開始

    応募作品の開発を始めましょう。

    技術サポートやアイデアのサポートが必要であれば、エバンジェリストがチャットやZoomで対応します。

    応募に必要な素材もご用意ください
    • 作品の画像(jpeg/png)
    • 作品の説明資料
    • システムの構成図
    • 動作しているところの動画

    4.Protopediaに作品を登録

    Protopedia

    作品が完成し、応募の準備が整ったら、Protopediaに作品を登録しましょう。

    ■Protopediaへの登録方法はコチラ■
    https://protopedia.gitbook.io/helpcenter/registration

    登録時にハッシュタグ
    #twilio_online_contest_2021
    を登録してください。

    登録が完了したら作品のURLを控えておいてください。コンテスト応募時に必要になります。

    5.応募フォームからコンテストに応募

    コンテストへの応募はこれにて完了です。お疲れ様でした。
    審査結果の発表までしばらくお待ちください。

    審査

    毎月5日前後に、先月分の作品に関して審査を行います。審査の様子は動画で公開予定です。
    審査の結果、毎月1作品にTwilio賞を授与いたします。※該当作品なしの場合もあります。
    また9月中旬に、ご応募いただいた全作品の中からグランドチャンピオンを選出します。

    注意事項

    応募作品はProtoPediaに登録していただく必要があり、広く一般に公開されます。

    著作権(著作権法第27条および第28条の権利その他の権利を含みます)、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等の知的財産権、その他一切の権利は、作成した応募者自身に帰属します。
    申出および応募者による権利化がなされないかぎり、人類の共有財産(パブリックドメイン)として、他の応募者を含めた第三者が、無償で自由に利用することができます。

    主催:株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
    協力:一般社団法人MA