ニュース Programmable Voice Mobile SDK 1.x サポート終了のお知らせ

2020.04.21

本記事は こちら の抄訳となります。

 

平素より Twilio をご利用いただきありがとうございます。

 

Twilio の iOS および Android 向け Programmable Voice Mobile SDK 1.x は、2020年7月31日を以って正式に終了します。この日以降、Voice Mobile SDK 1.x を使用している iOS または Android アプリは Twilio に接続できなくなります。

 

サービスを継続するためには最新の SDK をご利用の上、2020年7月31日までにアップデートしてください。

こちらでは以下についてご案内いたします。

 

 

Programmable Voice Mobile SDK 1.x を終了するのはなぜですか

Programmable Voice Mobile SDK 1.x は Twilio への接続に TLS 1.0 と1.1 を使用しています。しかしながらこの TLS のバージョンには既知の脆弱性があり、もはや安全ではないと考えられています。このためセキュリティを非常に重要視している Twilio では、Voice Mobile SDK 1.x の サポート終了を決定しました。

 

TLS とはなんですか

TLS(Transport Layer Security)は、ネットワーク通信の安全性を確保するために使用されます。HTTPS は TLS を使用して Web ブラウジングを安全にするプロトコルの一例です。Twilio SDK は TLS を使用して Twilio サーバーに接続し、通話の送受信を行います。

 

SDK 2.x 以降は TLS の影響を受けますか

いいえ、影響は受けません。この影響は SDK 1.x のみとなります。

 

SDK はどのようにアップグレードしますか。また、どのバージョンを使用すればいいですか

2.x 以降のバージョンには大きな変更が含まれています。新しい SDK のバージョンを利用する際には下記のガイドをご参照ください。

各バージョン間の変更点については以下をご参照ください。

 

1.x 利用の確認方法について

Voice Insights で SDK のバージョンを確認することができます。

https://jp.twilio.com/console/voice/insights

  1. 「 Last 8 Hours」をクリックして必要な期間を選択します
  2. 「Select a Filter」から「SDK Type」を選択します

自動で「Select sdk type values… 」にご利用のSDKが表示されます。twilio-client-android または twilio-client-ios を選択し、影響を受けるバージョンの SDK を利用しているかご確認ください。

 

最新 SDK の要件について

各 SDKの要件については下記を参照ください。

 

最新 SDK の新機能について

現時点で最新の 5.x には下記の機能が含まれます。

  • New WebRTC-based media stack
  • Preferred codec API and Opus codec support
  • Call ringing state
  • Pass Custom Parameters to establish contextual calling
  • Media statistics API to query call quality
  • Custom Audio Device for creating advanced audio processing capabilities
  • Auto reconnect when encountering transient network problems
  • Max Average Bandwidth API to control how much bandwidth to assign for audio
  • CallKit Support on iOS
  • iOS 13 support

これらの新機能については下記をご参照ください。

この記事をシェア

すべての記事へ